ポテ子の妊娠・出産・育児日記

子供2歳で離婚してシングルマザーになりました。

ふと思ったこと〜子育てで自分を振り返る〜

子供を朝預けるとき、保育士さんに、
変わりないですか〜?って聞かれるんですけど、
変わりないでーすっていうことのありがたさを感じてる今冬。。。風邪ひきすぎ〜



さて!ご存知のとおり私は離婚してシングルマザーですが、
意外と元気です!
むしろ離婚前よりも精神状態も良くて。
自分の勉強する時間とかも割くようになったし、
イヤイヤ絶好調のこたろうを見るのにも余裕があるきがします。

それはやっぱり、周りのサポートがあるからだろうな。
ありがたいことだ。

そういうわけで、
色々あってもがんばれる私に育った経緯とかを探ってみようかなと思って、やってみます。
自分の子育てにも、なんかヒントあるかな?


  • 転校生気質

私はけっこう転校を経験したので、「少数派」になることがとても自然でした。
人と違うのは嫌!って気持ちもすこしはあるけどちょっとちがって、
たまたま人と違ったんだけど何が悪いの?って感じかなあ。
みんながそうしてるから、とかいう理由で何か決断することはほっとんどないな。

人に珍しがられたり見られたりすることも慣れたし、
いろんな場所がある、今いるところだけが全部じゃないってことも、小学校でもう知ってた。

これは大きな財産だなあと今でも思うときがあります。

私の職業柄、こたろうには、あまり遠方に転校とか経験させられないと思うけど、
何かのタイミングで上に書いたような気づきを与えてあげられたらいいな。

  • サボりぐせ

これは褒められたものではないですが(笑)
我が家は良くも悪くも真面目ではなくて(汗)

サボっちゃおうかって言って中学休んでお母さんが買い物に車飛ばしてくれたり、
ちょっとリフレッシュいこっかって受験前に京都行ったり、
そんな家族でして。

だからわたしもそのまんま、
なんかこたろう息抜かないとかも?って思うと、
サボって遊びに行ったりしてる。

まあわたしの中ではサボりではないんですけども!
次頑張るためのガス抜きですからね(^^)

本当に大事なことをやってれば、
多少おサボりしてもいいんじゃない?って考えは、
ありますね。

  • 期待ではない本当の信頼

私は学生時代、わりと勉強とかもしてきたほうだとおもいますが、
そのときの経験から、今の自信につながっている部分はあるかもしれない。

受験生の親とかどんな気分なんだろう?とふと思うときが今からさっそくあるのですけど(笑)、

私の親はけっこう私の方法に任せてくれて、
やり切らせてくれて、
それだけでただただありがたいことだったと思います。

そして、期待ではなくて信頼してくれていたのが態度や言葉からきちんと私に伝わって、
それに支えてもらえたと今振り返って感じる。

こたろうを東京でどんなふうに育てればいいかはまったくもってわかりませんが、
まずはこたろうが興味を示すものは何かな?とこたろうの視線の先を見つめていたいな(^^)

  • 愛と感謝

昔からの行事で、お七夜があったりお宮参りお食い初め節句、七五三、成人式とかいろいろあって、
さらには、ハーフバースデー、ハーフ成人式、もうなんやかんないーっぱいあるじゃないですか。

どれもこれも、ほとんど親がやりたいことだと思うんですけども、
昔からあるやつだからやってあげないといけないわけでもないし、
最近できたからうさんくさいわけでもなくて、


やっぱり、普段の何気ない日常で関係が築けているからこそ、行事が思い出になるんだと思います。


たとえばハーフバースデーは、
小さくてもうてんやわんやでわけもわからず頑張ったおちび時代から、離乳食が始まって、
なんかまた新しい悩みができたりして、
でも、ああ、
ここまでおっきくなった〜
ここまででもいろんなことあった〜って、
お疲れ様するのにちょうどよかったり。

七五三は、普段はきょうだいの中の1人って感じなのにその日は主役になれて、紫の似合う着物着られてただただなんだか嬉しかったり。後から写真を見て、妹がやんちゃポーズで写ってるのをみんなで笑ったりとか。

成人式は、自分のときは行かなかったけど、妹が可愛い着物着てキラキラしてて、なんか親になった気分になったりしたなあとか。


挙げればキリがないけど、そういうものですよね。
家族って、なんとも言えない愛と、
自分ひとりではできないことをやってくれることへの感謝、
だと思います。


押し付けでも義務でもなくて、
ただただやってあげたいし、やらせてもらいたい。
なぜってすごく愛しいから。

あなたがいるからハーフバースデーもできて、
あなたがいるから七五三も、成人式もできる。
あなたがいるから仕事もできるし洗濯もできる。
それって感謝。


いろんな喧嘩やぶつかりがあっても、
愛のある人、ありがとうが言える人は、
大事に思えますね。



ってわけで、
マイノリティなることを恐れず広い視野を持つこと、
リフレッシュしながら大事なことを頑張ること、
自分に自信を持つこと、
そしてなによりこたろうに普段の生活でおしえたいのは、
愛のある人に育って欲しいということ、
人に素直に感謝を伝えられる人に育って欲しいということです!


なんか、よくわかんない話になりましたが、
以上、私の人生をざっくり振り返ってみて子育てに生かそう、でした〜(そんな話だったっけ笑)


じゃあね〜〜


どこでも線路。


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村