ポテ子の妊娠・出産・育児日記

20代後半、東京OLです。2015年11月に男子出産!妊娠、出産、育児についてつぶやきます。

父になるとは〜むずかしや〜

産休中やってみたいことのひとつが株なポテ子です。
ワクワク( ̄+ー ̄)
株取引を始めるなら、松井証券|ネット証券/株・先物・FXなら松井証券


さてさて、今日は、親世代に言われて、ん?って思ったことを書きたいと思います。


わたしたちの親世代というと、
旧き良き時代に育ち、
20代中頃には結婚し、妻は仕事はせず、
複数の子供を大切に育てた人たちが多いのではないかなと思います。もちろんそうじゃない人もいたと思いますが。

一方今のわたしたちは、
昔よりもずっと自由に、
学びたいこと、就きたい職業を決め、
いきいきと働き、
プライベートも充実させ、
仕事、家庭、自分すべてのバランスをとりながら生きていくことになっています。


そんなわたしたち。
ジェネレーションギャップがあるのも当然でしょう。
ということで羅列( ̄+ー ̄)


ん?そのいち。

「お腹に赤ちゃんのいるお母さんの意識と、初めてお父さんになる男の意識は、最初はすごく差があるものだ。仕方ない。」
お母さんになる準備を着々と進めている女が、何も変わらない男に対してムキーッてなる話よく聞きます。
男の方の親からしたら、息子がそうなのも仕方ないらしい。
それが仕方ないんだとしたら、そのことに対して女がイラっとするのも仕方ないということにしてくれないと割りに合わない。


ん?そのに。

「昔は、出産した時に病室に泊まってくれるのでもすごいことだった。今は検診から男の人も一緒について行くなんて感心。仕事で行けない人もいるだろうけどね」
わたしも働いていますので、土曜日の診察予約して行っております、ええ。健診には一切ついて行ってくれないとでも言おうものなら、わたしの学友らはそういう目でわたしの夫を見ることでしょう。もちろんありがたいと思いますけども、嫌々なら求めもしません。


ん?そのさん。

「自分のときは、慣れない料理を三食、初めての場所で知り合いもいなく、買い物などで1日が終わっていた。中心は主人に休まず仕事をしてもらうようととのえることだった。夫は立てないとね。」
そうですかお疲れ様でした以外の感想はないです。


ん?そのよん。

「そんな言い方を息子にしてたら、自分の子供にも言われて悩むことになるのはあなたよ。男は仕事に専念させないと、仕事で失敗でもしたら大変」
女も働いてますので。仕事に持ち込むような男だったのならそもそも残念です。


というわけで、
そして父になるという映画は名作でしたが、
父になるということは、母としての女のせいで、えらく大層なことに仕立て上げられてるのかもしれないと思いました。


じゃね。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村